>  > キャバクラの体験入店の裏側

キャバクラの体験入店の裏側

キャバクラの業界はお店選びが非常に重要です。しかし、女性キャストがそれを考えているともっと大変なのがキャバクラ店自体なのです。女性キャストは良い待遇のお店を常に探しているといっても過言ではありません。結局、ホストやキャバクラの業界ではお金というものが全てなのです。ですので、お金を多く落としてくれるお客さんや良いお付き合いが可能なお客さんが沢山来るお店でなければ働いているキャスト自体のモチベーションは上がりません。接客業ですが、ただ机についてお酒を作り談笑しているだけでは、生活の時間も偏り身体にもガタが来てしまいます。ただ働いているだけでも非常に根気の要る職業であるにもかかわらず、得られるお給料がコンビニ夜勤レベルではとても20代の女性の華やかな生活をおくる事はできないでしょう。お客さんに夢を売る商売ではあるものの、自分達自身も夢を追っている職業なのです。ですので、いかに良いお店で働くことが出来るかが重要となるため、体入を繰り返すことが当たり前となります。一見すると体入自体はお店から嫌がられそうなものですが、キャストが居てくれたほ方がお店的にも助かる場面が多く、また苦労をせずに求人を得れるWIN-WINな状況が生まれているため、引き抜き当は度返しで業界全体で1日体験入店が気軽にできる状況が容認されているのです。もちろん長時間の体験入店でお金がもらえないこともない為、スカウト活動を同時に兼ねているキャバクラ店も多く、体入の料金を高めに設定しているお店が非常に多いのです。

[ 2015-08-16 ]

カテゴリ: キャバクラ体験談